バイク

【GB350】バーエンド交換方法

こんにちは!きょうりゅうのテントです!

聞いてください。。。

筆者の愛するGB350が傷つきました。。。

ちょっと前の話で、筆者がGBを買って3か月後のことです。

普段、バイクシートを被せて、家の駐輪場にバイクを置いています。

そして、その日は台風が来ていました。

大丈夫かなーと思いながら、その日は眠りにつきました。。。

次の日、バイクを見に行ってみると、そこには、転倒したGBの姿が!

もう現実だと思えませんでした。

急いで、起こしましたが、もちろん手遅れで、ブレーキレバーは折れ、バーエンドも折れていました。。。

GB350バーエンド

他に傷は無いかと見てみると、マフラーも一部凹んでいました。

幸いなことに、タンクには傷一つなく、エンジンも無事でした。

折れてしまったものはしょうがないので、とりあえず直そうと思い、部品を交換しました。

この際、純正以外のものに交換してカスタムしよう!と決意しました。

今回はその時のバーエンド交換の様子をお伝えしようと思います。

バーエンドが折れてしまった人も、カスタムしたいと思った人もぜひ参考にしてください!

純正バーエンドを引き抜く

まず、純正のバーエンドを引き抜きます。

GB350の純正バーエンドはただ押し込まれてはまっているだけなので、手で簡単に引き抜くことができます。

GB350バーエンド外す

接着剤もボルトも留まっていませんので、簡単です!

グリグリと回しながら、引き抜くと良いですよ♪

はい!抜けました!

GB350 バーエンド

もう片方も同様に引き抜きます。

筆者の場合はバーエンドが中で折れてしまったので、折れてしまったところを上手くペンチで挟んで、グリグリと引き抜きます。

バーエンド折れ

こちらも上手く取り除くことができました!

バーエンド

こんな無残な姿に。。。

では気を取り直して、新品のバーエンドを取りけて行きましょう。

バーエンド折れた

デイトナ ヘビーウェイトバーエンド ハイディッシュの基本情報

では、購入した新品のバーエンドを取り付けていきますが、今回購入したバーエンドのご紹介です。

今回購入したバーエンドはこちら!

デイトナのヘビーウェイトバーエンド(形状:ハイディッシュ、色:ガンメタ)

ヘビーウェイトバーエンド

定価:2,300円

重さ:117g(ウエイト有)、34g(ウエイト無)

対応ハンドル内径: Φ14~19

品番:72044

筆者が購入したときはネットで1600円くらいでした。

色はGBと合いそうなガンメタにしてみました!

バーエンド交換

このバーエンドはボルトで固定するので、取り付けるときは六角レンチが必要です(固定ボルト径はM6です)

バーエンド取り付け

では、新品のバーエンドを取り付けていきましょう。

デイトナのバーエンドは純正のものとは違い、六角レンチを使って取り付けます。

バーエンドをハンドルに差し込む

まず、バーエンドをハンドルにカポッと差し込みます。

デイトナ ヘビーウェイトバーエンド交換
デイトナ ヘビーウェイトバーエンド
ヘビーウェイトバーエンド取り付け

六角ボルトで固定

次に六角レンチでボルトを回し固定します。

自分の好きな位置でボルトを締め付けて固定しましょう!

バーエンド取り付け

このデイトナのバーエンドは、六角ボルトを回すと、中心辺りにあるラバーが締め付けられ、横に膨張します。

つまり、ハンドルの中でラバーが横に広がり、固定されるという仕組みです。

バーエンド取り付け

仕組みは簡単ですが、しっかり締め付ければ、落ちることは無いと思います。

上記①②をハンドル両サイドに行います。

以上で取り付けは完了です!

注意点

バーエンドの取り付けは簡単ですが、注意点があります。

右側のアクセル側のバーエンドを取り付ける時に、バーエンドをアクセルに近づけ過ぎて固定すると、アクセルが回せなくなります。

当たり前ですが、アクセルを回す際には、回す部分とバーエンドの隙間が空いていないと引っかかって上手く回りません。

実は、筆者も最初、アクセルとバーエンドの隙間を減らし過ぎてアクセルを回せなくなりました。。。

筆者と同じ失敗をしないように、アクセル側は5mmくらいは間を空けてバーエンドを固定するようにしてください!

GB350バーエンド

バーエンド交換後

これがバーエンドを交換する前です。

バーエンド取り付け

こちらがバーエンドを交換した後のGB350です!

どうでしょうか!

正直、あまりわからないかもしれませんが、交換した自分にとってはとても大きな変化です!

ガンメタの色もバッチリ似合ってますね!

GB350
GB350ハンドル

GB350のバーエンドはプラスチック感が強くて少し安っぽい印象だったので、今回変えてみて良かったと思います。

雰囲気がグッと引き締まった印象です!筆者的には。

GB350 バーエンド交換

最後に

いかがでしたでしょうか!

バイクが転倒したときはとても悲しかったですが、バーエンド交換してさらにかっこよくなったと思います。

バーエンドが折れてしまった人も、心が折れてしまった人も、ちょっとイメージを変えてみたい人も、ぜひぜひこの記事を参考にしてバーエンド交換にチャレンジしてみてください。

バーエンド交換は簡単で、カスタムしやすいパーツの一つですので、誰でもできると思います。

自分のバイクをカスタムすると愛着度が増しますよ♪

それでは!

GB350

ぜひこちらも参考にしてください♪

-バイク
-, , ,