おすすめキャンプ用品

【B-6君】ソロキャンパー必見!おすすめコンパクトグリルのご紹介

こんにちは!きょうりゅうのテントです!

皆さん、キャンプに行くときはどんなグリルを使っていますか?

筆者は、笑'sの「B-6君」というコンパクトグリルを愛用しています。

B-6君

非常にコンパクトで、持ち運びに便利なので、ソロキャンやバイクで行く場合には重宝します!

また、しっかりした造りで火力もあります。

今回はそのB-6君を紹介したいと思います。

B-6とは

B-6君は折り畳み式のコンパクトグリル/焚き火台です!

アニメやドラマにもなったキャンプ漫画の「ゆるキャン△」にも登場し、一躍有名になりました。

このB-6君の特徴はなんといってもコンパクトさです!

収納サイズは181mm×122mm×18mmです!

B-6君収納

なんと厚さが約2cmになってしまいます。

バイクでキャンプに行くときはできるだけ荷物を減らした方が良いので、こういったコンパクトギアはとても重宝します。

また、メイドインジャパンということもあり、造りが丁寧です。

■収納サイズ: 約181mm×122mm×18mm

■組立サイズ: 約215mm×122mm×165mm

■重量   : 約500g

■材料   : 0.6mm厚ステンレス・リベット

■静止耐荷重: 10kg

最初は綺麗なシルバーですが、使うと熱によって変色します。

味が出てきていいですね!

B-6君のメリット/デメリット

メリット

コンパクト

折り畳むことでとっても薄くコンパクトになります。

ソロキャンやバイクでの持ち運びに便利です。

B-6君 収納

折り畳み式は上手く組み立てられなかったり、収納が面倒だったりしますが、このB-6君はよくできていて、組み立て・収納がスッキリできます!

造りが丁寧で、部品がピッタリ合うように設計されています。

さすがメイドインジャパンです!

高火力

B-6君はこんなに小さいですが、しっかりした火力を出すことができます!

下から空気をしっかり取り入れることができる設計で、空気の循環が良いです。

なので、小さいからといって、肉がうまく焼けない、すぐ消えるということはありません。

逆に火を強くし過ぎて、本体からはみ出すことがあります。

B-6君焚き火

オプションが多い

B-6君は人気の商品ということもあり、オプション品が充実しています。

丈夫な鉄製グリルプレートや、熱燗と焼き物が同時にできるグリルプレートなど、自分に合ったオプション品を選ぶことができます。

筆者はこの丈夫な鉄製グリルを愛用しています。

安定していて、しっかり焼けますし、収納もスッキリできます!

収納のことまで考えて作られているところもさすがですね!

B-6君組み立て

デメリット

大きい炭や薪が入らない

B-6君はコンパクトであるため、買ったままの薪や大きめの炭が入りません。

買った薪は割る必要があります。

焚き火は別の焚き火台でする場合は良いですが、B-6君で焚き火をする場合は注意が必要です。

ちなみに筆者は頑張って、こんな大きな薪を燃やしていました。

危ないのでやめましょうね。

B-6君デメリット

洗いにくい

B-6君は部品が多く、人によっては洗いにくい、洗うのが面倒と思うかもしれません。

特に本体は可動部があるので、隙間が洗いにくいと感じます。

丁寧に洗えば良いだけですが、できるだけ面倒なことはしたくないと思うかもしれませんね。

組み立て方

B-6君の組み立て方について説明します。

① 袋から取り出します

B-6君組み立て

② グリルプレートと本体をスライドさせます。

※このグリルプレートは別売りです(丈夫でしっかり焼けます!おすすめなのでぜひご一緒に♪)


笑's B-6君専用 グリルプレート (Sho's)
B-6君 組み立て

③ 本体の側面を立て、中から壁部品×2とハードロストル×2を取り出します。

※ハードロストルは別売りです(付属品よりもしっかりした素材でできているので熱で変形しにくいです)


【 笑's 】焚き火グリルB-6君専用 酸洗ハードロストル
B-6君部品

④ 本体の足を立てます

B-6君

⑤ 壁部品×2を本体に差し込みます

B-6君

⑥ ハードロストルを×2を本体床に入れます

B-6君 ロストル
B-6君組み立て

⑦ 上にグリルプレートを載せます

B-6君

以上で完成です!

B-6君

丁寧に組み立て方を書きましたが、やってみると意外と簡単ですよ。

組み立てるときは軍手をして怪我に注意してください(写真では素手で組み立てていますが。。。)

収納

収納方法について説明します。

① 上に載っているグリルプレートを外します。

B-6君

② 壁部品×2とハードロストル×2を取ります

B-6君収納

③ 2つのハードロストルを重ね合わせ、それを壁部品と壁部品の間に挟みます

B-6君 収納
B-6君 収納
B-6君収納

④ 足を折りたたみます。

B-6君収納

⑤ ③の壁部品とハードロストルを本体側の床に収納します

B-6君

⑥ 側面を折りたたみます

笑's

⑦ グリルプレートに本体をスライドさせます

笑'sB-6君

⑧ 付属の収納ファイルに入れます

笑's B-6君

以上で収納完了です!

組み立てよりも収納の方が難しいかもしれません。

手順が難しそうですが、2,3回やれば自然と覚えます。

熱で多少変形しますが、それでも綺麗に収納することができます。

ぴったりファイルに収納できたときは気持ちいいですよ!

最後に

B-6君は、とてもコンパクトで持ち運びに便利な反面、大きな薪が入らなかったり、洗いにくく感じたりするかもしれません。

しかし、コンパクトで持ち運びやすいことや、十分な火力を出せることを考えると、メリットの方が大きいと感じます。

何よりB-6君は小さくて愛着が湧きます。

筆者も初めて愛着が湧いたギアはB-6君でした!

皆さんもぜひ、そんな可愛いB-6君を使ってみて下さい!

きっと今よりキャンプが楽しくなりますよ♪

B-6君焼き鳥

-おすすめキャンプ用品
-, , ,