おすすめキャンプ用品

この焚火台はすごい!ピコグリル498の実力とは?

https://kyoryunotento.com

こんにちは!きょうりゅうのテントです!

キャンプをするにあたって、焚き火は外せない要素ですよね。

キャンプが好きな人はだいたい焚き火も好きな人が多い印象があります。

焚き火をしていると不思議と心が癒されるんですよね~

薪さえあれば無限に火に薪をくべられる気がします。

特に寒くなってきた時期には最高のイベントになります!

直火禁止のキャンプ場が多く、その場合、焚き火をするには焚き火台が必要になります。

その焚き火台でおすすめしたいのが、ピコグリル498です!

ピコグリル498
出典:Pikari outdoor-shop

筆者も普段から使っている焚き火台ですが、非常にコンパクトで使いやすいです。

今回はそのピコグリル498をご紹介します!

基本情報

下記がピコグリル498の基本情報です!

本体価格:13,000円(税込み)

収納サイズ:約35×25×1.8cm

組立サイズ:約41×28×21.5cm

重量:約490g

素材:ステンレス

ちなみにピコグリルはスイス製ですよ~

ピコグリル498が発売される前は、似たような形でピコグリル398という焚き火台が人気でした。

前作からの変化点

1.全体的に一回り大きくなった

ピコグリル398に比べて、一回りだけ大きくなりました。

比較しないとそこまでわかりませんが、498の方がしっかり薪が収まります。

2.火加減の調節が2段階でできるようになった

ピコグリル498はフレームが独特の形をしており、載せる位置によって2段階で火加減を調節できるようになっています。

前作に無かった大きな変化はここだと思います。

ピコグリル398で料理するときにフライパンが火から近すぎる、または遠すぎて、少し不便に感じていたキャンパーもいたと思います。

ピコグリル498はそこが改善されて、さらに便利になりました。

ピコグリル専用カスタム品

ピコグリル専用グリル網

ピコグリルのフレームとフレーム間に網を置けば、肉や魚など網の上に置けるものであれば、何でも焼くことができます。

ピコグリル専用の大きさに作られているので、サイズもぴったりで、収納袋にも収まります。

スピット

スピットというピコグリル専用の串が2本付いたセットです。

普通に食材に刺して使ったり、本体フレームに置けば、鍋やフライパンを載せたりすることもできます。

ピコグリルといえば、スピットもセットのイメージがあるので、本体と一緒に買ってしまいました!

グリルトング

ピコグリル用に作られたお洒落なグリルトングです!

ピコグリル同様、厚さが薄いのですが、肉でも魚でもしっかり掴むことができます。

筆者はまだ購入していませんが、欲しいです!

コンパクトでとてもお洒落なデザインです!

薄いので収納袋にもバッチリ収まりますよ♪

メリット

コンパクト

ピコグリルは収納サイズがとにかく薄くて有名です!

収納時のサイズは、約35×225×1.8cmです。

ピコグリル498収納

なんと薄さが2cmしかありません!

これなら荷物量の制限が厳しいバイクでキャンプに行く時もかさばらず持っていきやすいです。

ちゃんと荷物に入れたか心配になるほどの薄さです。

薪をそのままの大きさで使用可能

このピコグリルは購入した薪をその長さで使うことができます。

売っている場所によって薪の大きさは多少異なりますが、多くのホームセンターやキャンプ場で売っている薪の大きさであれば、そのままの大きさで焚き火ができます。

筆者は以前、 B-6君を焚き火台として使っていたので、薪をそのままの大きさで使えるということはとても便利に感じます。

B-6君についてはこちらの記事をご覧ください♪

ピコグリルは収納時は非常にコンパクトですが、組み立てると購入したままの薪が載るほどのしっかりした大きさになります!

薪をどんどん燃やせちゃいます!

焚き火で料理ができる

ピコグリル 498は、本体が大きく十分な火力を出すことができます。

また、網やスピットを載せることで、その上に鍋やフライパンを置くことができます。

スピット

下写真のようにピコグリル498にはフレームの形が独特で火加減が調節できるようになっています。(ピコグリル398からの変化点です)

ピコグリル498スピット

これは意外と便利で、火加減の調節が難しい直火料理では重宝します。

フレームがしっかりしているので鍋もスキットも安定して置くことができますよ♪

ピコグリル498で料理

デメリット

値段が高い

ピコグリル498は値段が高いです。

本体のみで13,000円です。

ですが、焚き火台はそこまで頻繁に買い替えることは無いと思うので、買う価値はあると思います!

ピコグリルのコピー品はAmzonや楽天などに非常に多く出回っています。

コピー品であれば3,000円ほどで購入できてしまいます。

ですが、耐久性や本体の歪みなどの品質に関しては、ピコグリルの圧勝だと思います。

やはりコピー品はどこまでいってもコピー品ですので。。。

筆者としては、できれば本物のピコグリルを使ってほしいな~と思いますが、予算的に厳しい人はコピー品も選択肢の1つになると思います。

実際に使ってみての感想

組み立て

ピコグリル498は収納時にはペラペラに折り畳まれておりコンパクトな状態です。

そこからフレームを開き、そこに薪受けの板をセットすれば、組み立ては完了です!

30秒で組み立てることができます。

鉄板のエッジが鋭く怪我をする恐れがあるので、軍手などの保護具を着用して組み立ててください。

ピコグリル本体

よろしければ下記の記事もご覧ください!

使用感

使用感としては、丈夫で非常に使いやすいと思いました。

また、購入した薪をそのまま燃やせるので、薪を小さくする必要がない点は、やはり楽に感じます♪

そして、意外に丈夫で、薪をガンガン投入してもびくともしません。

収納時は薄くペラペラですが、組み立てるとがっしりとしています。

ピコグリル498

ピコグリルは薪も投入し易く、火も燃えやすいのですが、風が直に当たるため、風よけは必要だと感じました。

筆者が以前、猪苗代湖の「天神浜オートキャンプ場」で使用した時には風が強すぎて、火が安定しませんでした。

周辺が湖や野原だと風を遮る物がないので、風が強いです。

そういった場所で使う時は風を防ぐものも必要だと思いますよ。

総合評価

ピコグリル498は、収納時はペラペラで非常にコンパクトですが、組み立てるとしっかりした焚き火台に変身します。

使用した感想としては、薪が投入し易く空気もどんどん入るので、ガンガン燃えてくれます。

ピコグリル料理

ただ風が強過ぎると、火が安定しないので、風よけは準備した方が良さそうです。

総合的にみても機能性、実用性を兼ね備えた優秀な焚き火台だと感じました。

焚き火台を探している人がいたら一番にピコグリル498をおすすめしたいと思います!

おわりに

ピコグリルは非常にコンパクトながらしっかりした火力を出すことができる焚き火台です。

ピコグリル498は、火加減を2段階で調整でき、前作のピコグリル398よりも使いやすくなっています。

焚き火台としてはとても優秀で、値段が高いことを除けば、特にデメリットは無いと思います。

実際に使っていますが、とても使いやすくキャンプに毎回持って行って焚き火をしています。

予算がある人、ずっと使っていく人にとっては、いい買い物になると思いますよ♪

みなさんもぜひ使ってみてください!

-おすすめキャンプ用品
-, ,