バイク

【クアドロック】走行中スマホが外れない!バイクのスマホホルダー

GB350

こんにちは!きょうりゅうのテントです!

バイクで知らない土地に出かける時はスマホでナビを確認しながら行く方も多いと思いますが、スマホはどうやって固定していますか?

筆者はGB350に乗っていますが、その時のバイクのスマホホルダーとしておすすめなのが、『QUAD LOCK(クアドロック)』です!

がっちり固定して走行中は絶対外れません。

その反面、着脱は簡単です。

今回はそんなおすすめのスマホホルダー『QUAD LOCK(クアドロック)』をご紹介します!

クアドロック

QUAD LOCK(クアドロック)とは

モーターサイクルで使うことを想定し、制作されたスマホホルダーで、スマホホルダーとして定番の人気商品です。

固定部分も1点止めのシンプル構造でハンドル周りに取り付けやすいようになっています。

高強度

QUADLOCKはとてもシンプルな形をしていますが、しっかりした強度を持っています。

スマホを固定したら80kgの重りを持ち上げられるほど頑丈な造りになっています。

簡単なスマホの脱着

スマートフォンを固定する際にはスマホを少し押し込んでひねるだけの簡単動作です。

取り外す際には、レバーを押すことでロックが解除される仕組みになっています。

この仕組みは「デュアルステージロック」と言い、特許取得済みとなっているため、QUADLOCKならではの機構となっています。

自分の好きな位置に固定できる

本体と繋がるアームやヘッドパーツはそれぞれ360°可動させることができ、自分の好きな位置で固定することができます。

オプションパーツの「ナックルアダプター」を使うとさらに可動域を広げることが可能です。

適合性

QUADLOCKを購入する際は自分のバイクのハンドルサイズを確認しておきましょう。

22mm、25mm、28mmのスペーサーが付属しているので、自分のハンドルバーのサイズに合うように調整し取り付けましょう。

なお、32mmの場合はスペーサー不要ですので、そのまま取り付けることができます。

固定用の六角レンチは付属しているので、別途購入が必要な道具はありません。

QUADLOCK付属品

・ハンドルバーマウント本体 ×1

・調整用スペーサー(22mm、25mm、28mm適合用) ×3

・エクステンションアーム  ×1

・六角レンチ  ×1

GB350に取り付けた場合

実際にQUADLOCKをGB350に取り付けた場合が下記写真のようになります。

クアドロック GB350
QUADLOCK

取り付け方は人それぞれですが、この写真の場合はスマホがちょうどバイクの中心にくるように取り付けています。

スマホを取り付けるとこのような感じになります。

QUAD LOCK

走っていて、とても見やすい位置に固定することができ、便利です。

造りがシンプルなので、ゴチャゴチャした感じは全くありません。

写真からわかるように特に、バイクのデザインを気にすることなく使うことができると思います。

QUADLOCK

QUADLOCKに必要なもの

QUADLOCK専用スマートフォンケース

QUADLOCKに取り付けるためには専用のスマートフォンケースが必要になるので、自分のスマホにあったケースを購入しましょう。

そのケースがこちらです。

クアドロック スマホ

ケースの中心に固定するための溝が掘ってあります。

ちなみに筆者のスマホは「iPhone11 Pro」です。

QUADLOCK専用スマホケースは少し厚さがあるのでそこが難点かもしれません。

QUADLOCKケース

衝撃吸収ダンパー

こちらは必須ではないですが、購入をおすすめします。

なぜかというと、走行中は、エンジンの振動や路面状況によって、スマートフォンに振動が伝わります。

その振動が原因で、スマホが故障する可能性がありますからです。

スマホの画面内が歪み、カメラで写真を撮ると歪んだ写真になってしまうそうです。

そうなってしまうと修理に出さないと治らないそうで、無駄な出費と時間がかかってしまいます。

そうならないようにこの『衝撃吸収ダンパー』が必要です!

これをつけると走行中の微振動や路面の凹凸の衝撃を吸収してくれるので、スマホへのダメージを最小限にしてくれます。

実際に筆者はこれを使っていますが、今のところ、スマホの故障は全くありませんので、ダンパーの機能はしっかり果たしていると思います。

スマートフォンの取り付け方法

では、QUADLOCKにスマホを取り付ける方法を説明します。

QUADLOCKの取り付け方はとっても簡単!

QUADLOCK本体とスマホケースの溝が入るように斜めにして押込み、45°反時計回りに回すだけです。

QUADLOCK スマホ
クアドロック取り付け
QUADLOCK スマホケース

これだけで走行中は絶対外れません。

2秒で取りけ完了!とっても簡単ですよね!

スマートフォン取り外し方法

取り付け方法に続き、取り外し方法もとっても簡単です。

横に出ている青いレバーを押しながら時計回りに45°回すだけです。

QUADLOCKスマホケース
QUADLOCK iPhone

取り付けも簡単ですが、取り外しはさらに簡単です。

クアドロック

こんな簡単に取り外せるのにがっちり固定できるのはすごいです!

固定の仕組み

仕組みとしては簡単で、青いレバーが上にある状態ではロック状態で、レバーを押すとロック部分が下に沈むのでロックが解除される仕組みになっています。

QUADLOCK
QUADLOCK レバー

特許取得済みの構造なので、他のメーカーには採用できず、QUADLOCKのみ使うことができるものです。

おわりに

QUADLOCKは取り付け/取り外しがとても簡単にでき、強度は非常にしっかりしたものになっています。

スマホを取り付けた後は、ロックを解除しない限り、外れることはまずありません。

バイクに乗ってナビを見る人であれば、QUADLOCKをおすすめします!

QUADLOCK本体と、オプションで「衝撃吸収ダンパー」もぜひ一緒に使ってみてください。

スマホへの衝撃を最小限に抑えてくれるので、スマホが故障しにくくなります。

逆にダンパーが無いと、振動によってスマホが壊れる可能性が高くなります。

実際に筆者はQUADLOCKにダンパーを組み合わせて使っていますが、全く問題なく使用できています。

ぜひ皆さん、使いやすく、知名度も高いQUADLOCKを使ってみてはいかがでしょうか!

よろしければこちらの記事もどうぞ~

それでは。。。

-バイク
-, ,