サラリーマン養蜂家

桜の蜜がとれました!

こんにちは!きょうりゅうのテントです。

23年4月に桜の蜂蜜が採れました!

人生で初めての蜂蜜搾りでした。

蜂蜜の搾り方

蜂蜜の搾り方についてご説明します。

① 巣礎から蜂を払う

巣礎からミツバチを大まかに払い落し、その後、蜂を払うためのブラシで巣礎から全てのミツバチを払い落とします。

② 蜜蓋を切り取る

ミツバチは蜜を巣に貯めた後、水分を飛ばし糖度を上げます。糖度が上がったらミツバチが蓋をします。それを切り取り蜜が出る状態にします。

③ 遠心分離機に巣礎をセットし、回す

遠心分離機 蜂蜜

巣礎から蜂蜜を搾る時は、上記写真のような遠心分離機を使用します。

この機械に巣礎をセットし、グルグル回します。

そうすることで、遠心力により蜂蜜がタンクの内側に出され、タンクの底に溜まります。

⑤ 蜂蜜をこす

最後に蜂蜜をこし、巣の欠片などのゴミを取り除きます。

これで皆さんが目にする非加熱蜂蜜の出来上がりです!

搾り立ての生はちみつは絶品!

非加熱で、花の蜜だけの本物の蜂蜜はスーパーなどで売っているものとは比べ物になりません。

花の香りが漂い、後味もその花の味がします。

そして、とっても濃厚です。

今回は桜の蜂蜜を搾りましたが、桜の蜂蜜は非常に濃厚で、香りや後味が桜を食べているかのようです。

ただ桜は開花時期が短く、採れる蜜の量も比較的少なめです。

蜂蜜の色も味同様、濃いめです。

ネット販売もBASEでしているので、よろしければご購入ください!

はちみつや 六 という名前のお店です♪

https://hachimitsuya.base.shop/

桜はちみつ

桜の次は藤の花の蜜が採れる時期になります。

-サラリーマン養蜂家