おすすめキャンプ用品

冬キャンプで必要な物を解説!

こんにちは!きょうりゅうのテントです!

皆さんは寒い冬にキャンプをしたことがありますか?

筆者は、寒い時期にキャンプに行くのが好きです。

冬の寒い中での、食事や焚き火は最高です!

それから、冬は空気も澄んでいてとても気持ちが良いです。

ですが、世間一般的には冬はキャンプのオフシーズンです。

暑く、虫も多い夏にキャンプをするよりも冬にキャンプをすることを強くオススメします。

冬キャンプの良さを知ってほしいです!

今回は冬キャンプの良さをたっぷりお伝えし、冬キャンプに必要なモノもご紹介したいと思います。

冬キャンプのメリット

冬キャンプってどんな感じ?何が良いんだろう?

と思う方に、冬キャンプのメリットをご紹介します!

これを知れば、冬キャンプがしたくなるはずです!

料金が安い

キャンプは基本的に夏がオンシーズンで、最も人が多くなります。

キャンプ=夏にするものと多くの方が思っているのではないでしょうか。

そのため、キャンプ場によっては季節によって料金を変えている場合があります。

その場合、夏が料金が最も高く、冬が一番安いです。

冬の時期にキャンプに行く方場合、夏の半額くらいの料金でキャンプ場を利用できる場合もあり、間違いなくお得です!

浮いたお金で美味しいお肉を食べれますよ~♪

虫がいない

冬のキャンプには虫がいません!

虫が嫌いな方にはこれが一番大きなメリットだと思います。

REDROCKキャンプ場

夏のキャンプでは毛虫やクモなどの虫がウヨウヨいますが、冬であれば、虫は全くいません。

蚊に刺されて痒くなることもありませんし、蛇や熊などの危険な動物も冬眠しているので出くわすことはないでしょう。

筆者は昔からクモ恐怖症なので、夏はびくびくしながらキャンプをしますが、クモがいない冬は安心してキャンプができます。

焚き火ができる

冬キャンプの醍醐味と言えば、『焚き火』です!

焚き火をするためにキャンプをすると言っても過言ではありません。

寒い冬には焚き火をすることで、心身ともに温まります。

実際に体験してみるとわかりますが、焚き火で薪をくべている時間がとても幸せです。

焚き火をするには焚き火台が必要です!

焚き火台についてはこちらの記事をどうぞ。

人が少ない

春や夏に比べ、冬のキャンプ場には人が少ない傾向があります。

冬はキャンプだとオフシーズンなので、そこまで多くの人が来ることは少ないです。

そんな時期だからこそ静かで優雅なキャンプを楽しむことができます!

周りのことを考えないようなマナーの悪い方も少ないです。

一週間前に予約しようとしたら予約がいっぱいということもほとんどなく、キャンプ自体に行きやすいです!

ガンガン冬キャン行きましょう!

REDROCKキャンプ場

空気が澄んでいる

冬は空気が冷たいので、夏と比較すると空気がとても澄んでいます。

遠くの景色も綺麗に見えやすいです。

川や湖の周辺でキャンプをすれば、翌日起床したときに、とっても澄んだ水景色を楽しむことができます。

風が無く綺麗な湖には山の景色も綺麗に映り込み、幻想的な風景を見ることができますよ!

天神浜オートキャンプ場

冬キャンプのデメリット

冬キャンプには良いところがたくさんありますが、注意する点もいくつかあります。

冬キャンのデメリットをご紹介します。

寒い

冬キャンプはとにかく寒いです!

考えるまでもなくわかると思いますが、冬の外は寒いに決まっています。

冬の寒い外にいるよりも、家の中でぬくぬく温まっていたいと思う人も多いと思います。

確かに寒さが苦手の方や冷え性の方はあまり気が進まないかもしれません。

ですが冬キャンには寒さ以上の楽しさがあると思います!

道路の雪や凍結が危険

九州や関東の冬はほとんど雪が降らない地域もありますが、キャンプ場は山や林の中にあることが多いので、雪が積もっていたり、道路が凍結していたりすることがあります。

そのため、冬キャンプに行く場合は事前にキャンプ場周辺の状態を把握しておくようにしましょう。

特にバイクでツーリングキャンプに行く場合は道路に積雪がある場合や凍結している場合は、大変危険なので十分注意しましょう。

行くことのできるキャンプ場が制限される

夏と異なり冬は閉鎖しているキャンプ場も多くあります。

基本的に冬キャンプは人が少ないので、管理費を考えると赤字になってしまう場合も多いです。

そのため、秋~冬にかけて閉鎖するキャンプ場も少なくありません。

近場のキャンプ場が無い!いつも同じキャンプ場ばかり!ということもあるかもしれません。

ですが、どこでキャンプしても楽しいのであまりデメリットにはならないかもしれませんね!

翌日の朝が起きにくい

キャンプでなくとも冬の朝は起きづらいですよね。

冬キャン翌日の朝は、シュラフから出たくないな~と毎回思います。

ですが、起きてテントの外に出ると、清々しいスッキリした寒さで気持ちいいです。

天神浜オートキャンプ場 朝

冬の朝は寒いですが、頑張っておきましょう!

風が無いので意外と寒くないです。

冬キャンプに必要なもの

冬キャンプに必要なものをご紹介します!

ここに記載する以外にも必要なものもありますが、冬キャンプ特有のものをピックアップしました。

ぜひ、冬キャンの際には持っていってください!

冬用シュラフ

シュラフは夏用~冬用など季節ごとに種類があり、そのシュラフによって対応している温度が異なります。

夏用は薄い生地のシュラフで、冬用は羽毛がしっかり入っている温かいシュラフを使うことをオススメします!

冬用シュラフは素材が高い分、価格も高い傾向があります。

しかし、シュラフは非常に大事なギアの一つで、お金をかけてもいいと思います。

安過ぎるシュラフを使うと、寒すぎて眠れないということもありますし、眠っても疲れが全く取れないということになりかねません。

ナンガというシュラフがおすすめです!

冬山の登山でも使われているしっかりした定評のあるシュラフです!

防寒着

防寒着を着ないで冬キャンに行く人はなかなかいないかもしれませんが、防寒対策はしっかりしましょう!

風を通さない作りのアウターが良いと思います。

ワークマンであれば、安くて機能性抜群のなのでぜひ、ワークマンへ!

筆者は肌着はユニクロの極暖ヒートテックを着て、ワークマンで買った革ジャンぽいバイク用のアウターを着ていることが多いです。

夜は想像以上に寒いので、とにかく温かい恰好をしていきましょう!

コットまたはマット

コットかマットの上でシュラフを広げ寝ることで、地面からの冷気を遮ることができます。

マットよりもコットの方が、しっかりした断熱効果があります。

コットは地面と自分の間に空気の層を作ることができるので、地面からの冷気が伝わりにくくなります。

ただ、コットの方が高価で、組み立ても必要になるので、マット派の方も多くいます。

自分の好きな方を選べばいいと思います。

どちらも強力な防寒対策になるので!

焚き火台 & 薪

冬キャンと言えば、焚き火は欠かせません!

冬キャンの夜は焚き火をするに限ります!

焚き火をすると心も体も温かくなり、ストレス発散にもなります。

ピコグリル498

焚き火をするためには、焚き火台が必要になります。

キャンプはできるだけ荷物を減らした方がラクなので、かさばらないコンパクトな焚き火台をオススメします。

焚き火台のオススメは『ピコグリル498』です!

よろしければこちらの記事もご参考にしてください♪

焚き火をするには燃料となる薪も必要となります。

薪は近くのホームセンターで購入するか、キャンプ場で購入するかしましょう!

冬キャンに行こう!

いかがでしたでしょうか!

冬キャンは夏のように暑くなく、虫もいません。

とても楽しく、一度体験したら虜になる方も多いと思います。

冬キャンプは夏に比べ、キャンプギアも高価になる傾向がありますが、大切に使えば、長く使えるので、しっかりしたものを購入することをオススメします。

ぜひ。防寒対策をしっかりして、冬キャンを存分に楽しんでみてはいかがでしょうか!

それでは。。。

-おすすめキャンプ用品
-, ,